「梅の日」の効果は産地の誇り

 今月6日は「梅の日」だった。各地で関連のイベントが繰り広げられた。
 室町時代の1545年6月6日、晴天が続いて作物が育たなかったため京都の賀茂神社例祭で後奈良天皇が梅を献上したところ、雷鳴とともに大雨が降り、おかげでその年は五穀豊穣になったという。人々はこの雨を「梅雨」と呼び、梅に感謝した。この故事に由来し、みなべ町や田辺市などの生産関係者でつくる紀州梅の会が平成18年に日本記念日協会に登録して定めた。
 2月14日のバレンタインデーにはチョコレートを贈るように、梅の日には梅干しを食べるという国民的な習慣を普及させ、消費拡大につなげることが当初からの目的の1つだった。
 制定されてからは毎年、京都の下鴨・上賀茂神社に青梅を献上している。東京の大田市場では、梅をPRする「和歌山フェア」を開催。県内の本宮大社や須賀神社(みなべ町西本庄)では記念式典も行われている。みなべ町では、このほかにも地元から梅を消費しようと、昨年からは町内の小中学校の給食に自分たちでつくる梅干しおにぎりも登場するようになった。
 しかし、実際に「梅の日」が全国的に浸透し、消費が飛躍的に伸びたとは思えない。短期間で目に見える効果を出すには、全国ネットのテレビ局で継続して何回もコマーシャルを入れるなど、莫大なPR費用が必要になってくるのではないだろうか。
 梅の日の取り組みは、いますぐには大きな効果が出ないかもしれない。しかし、産地が一体となって取り組む姿勢をみて、地元の子どもたちがふるさとへの誇りを持つ。それが一番大きな「梅の日」の効果といえるのではなかろうか。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る