「梅の日」の効果は産地の誇り

 今月6日は「梅の日」だった。各地で関連のイベントが繰り広げられた。
 室町時代の1545年6月6日、晴天が続いて作物が育たなかったため京都の賀茂神社例祭で後奈良天皇が梅を献上したところ、雷鳴とともに大雨が降り、おかげでその年は五穀豊穣になったという。人々はこの雨を「梅雨」と呼び、梅に感謝した。この故事に由来し、みなべ町や田辺市などの生産関係者でつくる紀州梅の会が平成18年に日本記念日協会に登録して定めた。
 2月14日のバレンタインデーにはチョコレートを贈るように、梅の日には梅干しを食べるという国民的な習慣を普及させ、消費拡大につなげることが当初からの目的の1つだった。
 制定されてからは毎年、京都の下鴨・上賀茂神社に青梅を献上している。東京の大田市場では、梅をPRする「和歌山フェア」を開催。県内の本宮大社や須賀神社(みなべ町西本庄)では記念式典も行われている。みなべ町では、このほかにも地元から梅を消費しようと、昨年からは町内の小中学校の給食に自分たちでつくる梅干しおにぎりも登場するようになった。
 しかし、実際に「梅の日」が全国的に浸透し、消費が飛躍的に伸びたとは思えない。短期間で目に見える効果を出すには、全国ネットのテレビ局で継続して何回もコマーシャルを入れるなど、莫大なPR費用が必要になってくるのではないだろうか。
 梅の日の取り組みは、いますぐには大きな効果が出ないかもしれない。しかし、産地が一体となって取り組む姿勢をみて、地元の子どもたちがふるさとへの誇りを持つ。それが一番大きな「梅の日」の効果といえるのではなかろうか。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る