紀州梅の会 京都などで「梅の日」PR

 紀州梅の会(会長=真砂充敏市長)は「梅の日」の6日、県内外で多彩なPRイベントを展開した。
 京都の下鴨・上賀茂の両神社に青梅10㌔ずつを献上。約50人が時代衣装をまとって行列をつくり、平安時代に梅を奉納した様子を再現した。このあと神前に青梅を供え、産地の発展を祈願した。同会梅干部会の濱田洋部長は「京都で梅を奉納することがこの時期の風物詩として受け入れられることに感謝したい。梅に感謝し、梅のある暮らしを広げていきたい」と話した。
 東京の大田市場では「和歌山の梅フェア」を開催。旬の青梅のほか、梅製品などを展示してPR。梅干し、梅ジュース、梅ジャムの試食や試飲も行われた。真砂会長は「梅の機能性が科学的に解明され、熱中症予防や夏ばて防止、疲労回復などに効果がある」と旬を迎えている本場の青梅の消費促進をアピール。JA紀南の本田勉組合長も「熟した梅をジュースにすると、芳醇な香りでおいしく仕上がる」とPRした。世界遺産の熊野古道の旅姿をイメージした平安衣装を着た梅娘らも梅の良さをアピールした。
 このほか、田辺市本宮町の本宮大社でも記念式典を実施。九鬼家隆宮司が南高梅をたるに入れ、塩とお神酒で漬け込む神事が行われた。梅の日は平成18年に制定され、ことしで12回目となる。毎年、全国に記念日を普及させ、梅の消費拡大につなげようとPRを展開している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る