ミスを怒らせないプロ

 やわらかな応対が高齢者や妊婦に好評で、全国的に女性のタクシードライバーが増えているという。他人の運転手と客が初めて顔を合わせる密室。互いの対応、態度によっては大きなストレスを感じ、言い争いになったという話もよく耳にするが、たしかに運転手が女性であれば緊張も減るだろう。
 家庭でも職場でも旅先でも、人は常に人と接し、ルールを守って互いに気を使いながら生活している。楽しいこともあれば、いやな気分になることもあり、ときには激しく対立してつかみ合いになってしまうことさえある。
 友人は、仕事においてはいわゆる「きっちりしい」の性格で、初対面の相手が名刺を返さず名乗ってもくれないと、「ん?」となる。時間を守るのはもちろん、とくに言葉遣いや対応についてはおかしいことが許せず、積み重なると相手がどんな偉いさんであろうと強く抗議に出てしまう。
 そんな木村祐一のような「許せない」彼が先日、なじみの店で客としてサービスを受けた際、明らかな店側の落ち度で被害を被った。イントロ部分でこれはなかなかのブチギレ話に違いないと思いきや、意外にも怒りはなく、むしろ楽しそうだった。
 理由は、その店は普段から店員さんがすごく気持ちよく、全員がいつも笑顔でサービスしてくれているから。話を聞く限り、客としてキレてもおかしくないし、それを指摘しない訳にもいかないミスだが、逆にどう切り出そうか、相手の体面を慮った自分に少し驚いたという。
 一見、気難しいきっちりしいは、普段からきっちりしている人には、少々のミスがあっても怒らないという話。あたりまえだが、こうした現場で働く人の振り、プロの対応を見て、別のプロが生まれる。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も飛び始めました

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリマとロックフェス

    5月 26 @ 10:00 AM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る