由良町で最新通信システムの実証実験

 近畿総合通信局、由良町、NTT未来ねっと研究所が、4日に同町畑地内のゆらこども園で最新の通信装置「ICTユニット」を活用した災害時における情報伝達の実証実験を行い、3者の関係者や県内外自治体の職員ら約40人が参加、見学した。
 ICTユニットは、無線LAN(Wi-Fi)と衛星回線の組み合わせで、携帯電話での音声通話やメールが利用できる装置。持ち運び可能な大きさで、災害時に地上回線の通信ネットワークが断絶されても、持ち込めば迅速に通信ネットワークが構築できると期待。今回、自治体での本格的な実証実験は近畿圏内で初の試みとなった。
 由良町では地震の津波で沿岸部にある庁舎が水没する恐れがあるため、内陸部のゆらこども園内に災害対策本部を設置したと想定。同本部と別の場所に仮設された同通信局防災対策室や避難所と相互に音声通話ができるかどうかをはじめ、職員へのメール一斉送信、オンプレミスGIS(地理空間情報技術)を活用した被害情報収集、避難者情報の収集・集約が可能かどうかを確認した。音声通話については、衛星回線を利用しているため、接続までが遅く、メール一斉送信では着信まで約5分かかったが、参加者はもしもの場合に有効な情報伝達手段となることを実感していた。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る