目標は藤井四段!?

 文部科学大臣杯第13回小中学校将棋団体戦(日本将棋連盟、産経新聞社主催)の県大会小学校の部が28日、御坊市島の大洋化学で開かれ、湯川小学校チームが優勝。7月25日に大阪市北区のホテルモントレ大阪で開かれる西日本大会への出場を決めた。
 1チーム3人。湯川小のほか御坊小と岡崎小(和歌山市)の3チームが出場し、リーグ戦で争った。馬部兼太朗君、安達菜乃さん、竿本啓晴君(いずれも4年生)がメンバーの湯川小は、御坊、岡崎をいずれも2―1で下した。
 3人は日本将棋連盟紀の国支部の教室などに参加している経験者で、学校の休み時間にも友達と指すほどの将棋好き。西日本大会に向けては「県外の大会は初めて。実力を出し切りたいです」と話している。
 中学校の部は6月18日に和歌山市の東部コミュニティーセンターで開かれる。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町おはなしの会

    3月 19 @ 10:00 AM
  2. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  3. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る