印南の切目神社で遷座祭

 印南町西ノ地の切目王子神社(平野聖翔宮司)で15日、檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えを終えた本殿に神様を戻す遷座(せんざ)祭が厳かに営まれた。
 平野宮司と総代7人が集まり、午後8時ごろ神事が始まった。照明が消され、静まり返る暗闇のなか、総代が慎重に誘導。ご神体は平野宮司とともに白い布で覆われ、仮殿(かりでん)の社務所から本殿へ遷(うつ)された。
 本殿は江戸時代に再建され、檜皮ぶきの屋根は昭和54年のふき替え以来、腐朽が進んでいたため38年ぶりに修理。1月から工事に取りかかっていた。竣工式は夏に予定。坂下繁一総代長は「氏子ら待望のふき替えが完了し、夢がかない、皆さんのおかげで遷座を迎えることができました」と感謝していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る