印南の切目神社で遷座祭

 印南町西ノ地の切目王子神社(平野聖翔宮司)で15日、檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えを終えた本殿に神様を戻す遷座(せんざ)祭が厳かに営まれた。
 平野宮司と総代7人が集まり、午後8時ごろ神事が始まった。照明が消され、静まり返る暗闇のなか、総代が慎重に誘導。ご神体は平野宮司とともに白い布で覆われ、仮殿(かりでん)の社務所から本殿へ遷(うつ)された。
 本殿は江戸時代に再建され、檜皮ぶきの屋根は昭和54年のふき替え以来、腐朽が進んでいたため38年ぶりに修理。1月から工事に取りかかっていた。竣工式は夏に予定。坂下繁一総代長は「氏子ら待望のふき替えが完了し、夢がかない、皆さんのおかげで遷座を迎えることができました」と感謝していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 宇宙まで飛んでいけ~

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る