印南の切目神社で遷座祭

 印南町西ノ地の切目王子神社(平野聖翔宮司)で15日、檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えを終えた本殿に神様を戻す遷座(せんざ)祭が厳かに営まれた。
 平野宮司と総代7人が集まり、午後8時ごろ神事が始まった。照明が消され、静まり返る暗闇のなか、総代が慎重に誘導。ご神体は平野宮司とともに白い布で覆われ、仮殿(かりでん)の社務所から本殿へ遷(うつ)された。
 本殿は江戸時代に再建され、檜皮ぶきの屋根は昭和54年のふき替え以来、腐朽が進んでいたため38年ぶりに修理。1月から工事に取りかかっていた。竣工式は夏に予定。坂下繁一総代長は「氏子ら待望のふき替えが完了し、夢がかない、皆さんのおかげで遷座を迎えることができました」と感謝していた。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る