御坊の下川でコイ大量死

 御坊市島の御坊中学校前付近の下川で15日、コイが大量に死んでいるのを住民が見つけた。休み明けの17日には御坊保健所などが現場を調査し、48匹のコイの死骸を回収。川は水位が低く、気温の上昇に伴い酸欠死した可能性もあるという。
 市役所環境衛生課などによると、17日朝の時点でコイの死骸は島の善妙寺橋付近から下流の大浜通り付近、さらに薗の茶免橋付近にかけての範囲で多く見つかり、50㌢から80㌢ほどの大きな黒いコイが浮かんでいた。保健所がPH値や酸素濃度を調べた結果、とくに問題はなく、薬品や油が流出した形跡、においもなかったことなどから、「15日の発見から時間が経過しているのではっきりとはいえないが、いまの時期は急に気温が上がって水中の酸素濃度が下がり、コイのような大きな魚は酸欠になることが多く、今回もその可能性は十分考えられる」という。
 御坊市内の最高気温は14日が21・6度、15日は22・1度まで上昇した。

関連記事

フォトニュース

  1. 昭和に包まれてインスタ映え

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る