新池築造の柏木浅右衛門の功績をたたえ法要

 御坊市湯川町富安地内の東谷に江戸時代、新池の築造に尽力した御坊の偉人「柏木浅右衛門」の功績をたたえる法要が16日、富安地内の墓前で行われ、地域住民約50人が故人をしのんだ。
 東内原村(現在の日高町荊木)に生まれた柏木浅右衛門はかんがい用水が得にくく、干ばつや飢饉に苦しむ人々の生活を幼少のころから見て成長。水さえあれば救われると、天保8年(1837年)に私財をなげうってため池の築造に着手した。病を患った浅右衛門は翌年4月、工事半ばで逝去したが、その後、天田の大庄屋が意志を受け継ぎ、天保12年に堰堤137㍍の新池が完成した。
 恩恵を受けている上富安、下富安、日高町荊木の3区が3年に1度法要を行っている。富安地内の円福寺跡に建立されている墓前で行われ、主催者を代表して上富安区の山本晴彦区長が「米作りに励む我々は水の大切さを今一度かみしめたい」とあいさつ。関係する4カ寺の住職が読経し、参列者は焼香して供養した。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る