ことしも始まりました

 美浜町三尾の海岸で13日、ひじき漁が口開け(解禁)となり、午前11時の町防災行政無線のチャイムを合図に多くの組合員らが磯へ繰り出した。
 前日までの荒れた海から打って変わって、波もほとんどないまずまずのコンディションのスタート。海猫島前の磯では10人以上が鎌を手にひじきを次々と刈り取る姿が見られた。
 例年、組合員が刈ったひじきは海岸や自宅で乾燥させてから三尾漁協に出荷され、梅雨明けから組合の小屋で塩抜き、蒸し上げ、乾燥の加工作業が行われる。三尾漁協のひじきは昔ながらの伝統製法で生産され、人気が高く、予約を受けた全国の顧客らに販売される。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る