な、なんや!?

 交通事故を減らそうと、御坊市は藤田町藤井地内の市道に、ブロック(障害物)のようなものが立体に見える路面表示を設置した。
 場所は道成寺から南約400㍍の市道駅前道成寺線(東西)。県道江川小松原線(南北)と交わる道成寺南方交差点の手前に設置した。路面に凹凸があるよう見せかける表示。ドライバーの視覚に訴えて注意を促すとともに、車のスピードを落とさせる効果があるという。
 御坊署によると、昨年1年間に道成寺南方交差点で発生した事故は8件(うち人身1件)。ほとんどが車同士の出合い頭で、立体路面表示の設置によって車が減速、ドライバーの安全確認が徹底されることによる事故の減少が期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る