これ、時代劇で見たことある~

 印南町公民館印南分館(坂下緋美分館長)は28日、町公民館で「食育とふるさとの歴史に親しむ会」を開き、町内の小学生ら10人が高足膳を使った昔ながらの食事を体験した。
 「昔の食事を体験しよう」をテーマに坂下さんが講師を務め、和食の基本的な組み立てという一汁三菜について説明。参加者は畳でのおじぎの仕方、箸の持ち方、食べ方のマナーや和紙を使った箸置きの作り方を学んだあと、実際に足つきの膳で料理が並び、子どもらは「時代劇で見たことある」など、一汁三菜の食事を楽しんでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る