徳本上人ツアーを!

 日高町志賀の久志地区で誕生した江戸時代の念仏行者・徳本上人(1758~1818年)。自身が「南無阿弥陀仏」と書いた名号碑は、全国に1000基以上が現存しており、活動の広さと民衆信仰の深さを裏付けているとされる。
 当然、日高地方でも誕生の地の日高町や周辺市町に、名号碑や修行の地など徳本上人の足跡がたくさん残されている。日高町でみると、萩原の安楽寺に南無阿弥陀仏の文字を練習した「手習い名号」がある。徳本上人の特徴的な丸みを帯びた文字の原型であり、大変貴重なもの。同寺には全国で最も古いとされる名号碑もある。御坊市では往生寺で出家するための「得度式」が行われ、日高川町大滝川には修業の地もある。
 また、筆者は最近知ったのだが、印南町にも結構ある。例えば羽六と樮川の住民が建立した徳本上人50回忌の碑。徳本上人を研究している日高町小中の杉村邦雄さんによると、住民が協力して碑を建てるのは珍しく、相当厚い信仰があったのではないかと推察。また、島田の光明寺では、徳本上人の石像も建立されている。木像はあるが、石で作られているのは珍しいという。
 紹介すればきりがないが、それらのスポットの一部を回る学び塾が、4月4、8日に開講される。今回は地元住民らに徳本上人のことを知ってもらうのが目的。ただ、巡回ルートを整理してパンフレットを作るなどすれば、観光客をターゲットにした「徳本上人ツアー」としても企画できるのではないだろうか。かつて徳本上人が説法をすると、多くの人が集まってきたという。人を引き付ける魅力にあやかって、日高地方に多くの観光客が来てくれればと願う。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかく育ってね

日高地方などのイベント情報

  1. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る