日高川町中津支所の新庁舎完成

 日高川町が高津尾地内で進めていた中津支所の庁舎建て替え工事が完成。合併による人員減に合わせてこれまでの3階建てから平屋にし、延べ床面積も約5分の1に縮小。住民への対応を中心とし、前面がガラス張りの開放的な設計。4月から引っ越し作業を始め、業務開始は5月以降を目指している。
 以前の庁舎は昭和38年に建設。鉄筋コンクリート3階建て。築50年以上経過して老朽化が進み、耐震性もなかった。町では中津村当時と比べ職員数が減っていることから、今後の熱効率や維持経費などを考慮し、耐震補強はせず、新たに建て替えることを決めた。昭和57年以降の増設部分はそのまま残す。
 新支所は木造平屋。延べ床面積は既存施設の941平方㍍から206平方㍍に縮小。紀州材を使った外観で、前面はガラス張りとなり、温もりと開放感のある施設となった。住民の窓口業務が中心となるため、内部にはカウンターなどを備え、ほかに会議室や事務室を設けた。また改修工事と併せて、これまで2台程度しか止められなかった駐車場を広げ、5台分確保。住民の利便性向上を図る。
 工事は以前の施設の取り壊しから取り掛かり、新たな庁舎建設は昨年10月に地鎮祭を行ってスタート。現場工事はほぼ終わっており、一部の電気工事と検査を残すのみとなっている。
 供用開始までは支所機能を庁舎から約100㍍東の道向かいにある健康管理センター(高津尾179)に移している。
 施工は高津尾の㈱駒場工務店(駒場一仁代表)。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る