和高専で卒業式

 和歌山高専(角田範義校長)は18日、卒業式を行い、4学科158人が新たな人生の一歩を踏み出した。
 各学科の代表者に卒業証書を授与したあと、角田校長が式辞。「卒業される皆さんの約7割が就職し、技術者として新たな道を歩むことになりますが、心配することはありません。皆さんは技術者としての基礎的能力を身につけており、専門領域の実力は大学卒業生より高く評価されています。自信を持って臨んでください」とエールを送った。
 卒業生答辞ではインドネシアの留学生アハマド・ファイズ・イバドラマンさんが「3年間の学生生活でしたが、皆さんが広い心で受け入れてくれ、和歌山の温かさを感じました。学んだ技術や人間性を社会で生かしたい」と決意を述べた。
 あわせて修了証書授与式も行い、専攻科の2年間を終えた17人に証書が授与された。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る