日高病院が形成外科開設へ

 国保日高総合病院(曽和正憲院長)は早ければ5月の大型連休明けにも、新しく「形成外科」の外来診療を開始する。週1回、県立医科大附属病院から派遣される医師が患者を診察し、簡単な手術や処置は日高病院で行う。
 形成外科とは、生まれつきや加齢、事故、手術などで生じた異常や変形に対し、機能だけでなく形態的により美しくする外科学。主な疾患としては顔面骨折、指の切断、手術の傷痕などの外傷、皮膚がんやほくろ、ケロイドなどの腫瘍、口蓋裂や小耳症などの先天異常のほか、乳がん手術後の乳房再建、顔面神経麻痺の改善などがあり、国内には現在、約2600人の専門医がいるが、和歌山県内はたった8人、有田・日高地方の病院に常勤医はいない。
 県立医科大附属病院も形成外科はようやく平成27年7月に開設したばかり。9日には同医科大形成外科学教室初代教授の朝村真一氏(47)が日高病院で講演、日高病院の医師や看護師、日高医師会の内科医、小児科医ら約50人を前に、形成外科の役割、専門分野、先進の医療技術などを紹介した。
 講演終了後、日高病院の曽和院長は紀中の総合病院初の形成外科開設に向け、「地域の開業医の先生とも連携し、ご協力をいただきながら、御坊日高地方の患者さんの悩みを解消できるように努力していきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る