18日 御坊で高校卒業生の交流イベント

 今月1日に日高高校を卒業した木下陽さん(美浜町)、桶谷弥生さん(御坊市)、出石美波さん(御坊市)の3人が主催する本年度卒業生交流イベント「わかやまいちろくの会」が、18日午後2時から御坊市の「CAFE&REST B.V.」で開かれる。進学や就職で県外に出る人と県内に残る人が交流するイベント。「ゲームなどを楽しみ、県外へ出る前に和歌山とのつながりを深めましょう」と、県内の卒業生を対象に多くの参加を呼びかけている。
 和歌山は県外進学率全国1位で、卒業後も県内に戻る率が低く、地域の活力低下や人口減少の原因となっている。木下さんらは県外で生活基盤が定着し和歌山の人とのつながりが薄くなることで帰りづらかったり、帰る機会が少なくなっていることが原因と分析。県外へ出る卒業生同士交流することで、和歌山に一緒に帰省する機会をつくったり、県内に残る人との交流で県内の就職状況の情報交換ができるようにしようとイベントを企画。イベントは1回だけでなく、定期的に開くことで交流を維持するとともに、新たな仲間を増やしていく。
 御坊日高博覧会「おんぱく」でイベントの企画経験がある木下さん含む3人が中心となり、現役高校生6人もスタッフとして協力。定期的に打ち合わせを行い、18日の実施が決まった。内容はグループになって自己紹介するほか、ゲームやフェイスブックの交換など。参加費は1000円。木下さんは「県内の高校卒業生なら進学、就職、男女問わず誰でも参加できます。ゲームやフリータイムなど楽しい内容を予定していますので、皆さん気軽に参加してください」と呼びかけている。申し込みはフェイスブック「わかやまいちろくの会」https://www.facebook.com/events/134710414868598

関連記事

フォトニュース

  1. お巡りさんになりませんか

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る