消防車の出番なしへ防火

 先日、御坊市消防団名田分団の小型動力ポンプ付積載車が更新された。古い車両は平成7年に配備されて以来21年が経過。多種多様な災害事案に対処するため消防力の充実、強化を図ろうと、新しい車両は進入困難な道路状況でも通行できるよう4WDにし、可搬式ポンプを積載することで、河川や池から容易に取水し、消火活動が行えるという。
 御坊市では消防本部も今月末までに救助工作車を更新。発足60周年(昨年12月1日)の記念行事として職員を対象に側面シャッター部分のマーキング案を募集し、素早い現場急行と救出救助へスピード感あふれる矢印を御坊の「G」に見立てたデザインが採用されている。すでに本紙でも紹介しており、職員のもとには「いつから走るの?」という声があるそう。「納車の記事では『きょうから走ります』という見出しで決まりですね」と一笑い(?)したあと、一人が「ここにある車はどれも走らない方がいいんだけどね」とナイスなツッコミ。まったくその通りである。
 日高地方で2月下旬から火災が相次いでいる。27日に日高川町の田んぼ、28日にみなべ町の梅干し会社工場の敷地内で出火。春の火災予防運動が始まった1日にも日高川町内の田んぼで枯れ草を焼いた。いずれもたき火やごみの焼却が原因とみられている。冬から春へ、空気が乾燥して火災が発生しやすく、また強い季節風で、大火になりやすい時期。十分な注意が必要なのは言うまでもない。7日までの春の火災予防運動、ことしの全国統一標語は「消しましょう その火その時 その場所で」。日ごろから家庭、地域、職場で火災予防を心がけ、消防車の走る日が少ない日高地方を目指そう。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る