みなべ町 給食費の無料化拡充へ

 みなべ町は来年度から第3子以降の学校給食費無料化を拡充する方針を固め、9日から開会する当初議会に事業費831万円を提案する。高校卒業年齢の18歳までを筆頭に3人以上の子どもがいることが条件で、助成の対象は3人目以降。議会で可決されれば4月から導入され、小谷芳正町長は「子育て支援の環境を充実させたい」と話している。
 これまでも学校給食に対する助成制度があり、小中学校に在籍して給食を食べている3人目以降は無料となっている。4月から行われる助成制度は対象の範囲を拡大し、高校卒業年齢の18歳未満に3人以上の子どもがいる場合は3人目以降が無料となる。現状の助成制度は給食費の負担軽減が目的とされていたが、今回は子育て支援の充実を図るという狙いがある。町教委によると、新しい制度では対象者は倍増し、現状の約80人から約160人になる見込み。
 給食費は小学校が1食250円、中学校が270円で、給食センターからは年間では195日程度各校に提供している。単純計算では1人当たりの年間の給食費は小学生で4万8750円、中学生で5万2650円となる。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る