50歳14日のゴール

 J2リーグ、横浜Cの元日本代表FW・三浦知良選手(50)が12日、自身の持つJ最年長ゴール記録を50歳14日に塗り替えた。ホームでの群馬戦、前半40分にFWが放ったシュートをGKがはじくと予測。こぼれ球を左足で巧みに押し込み、今季初得点のメモリアルゴールを決めた。スポーツ紙によると、国際Aマッチなどの主要大会や海外リーグでも40代のゴールはあるが50代はなく、記録の偉大さがよく分かる。
 「キングカズ」と呼ばれ、Jリーグが始まった二十数年前からスーパースター。体力的にはピークを大幅に過ぎたと思われるが、まだ現役として活躍している。50歳はただの通過点、「60歳まで現役」との目標もあるようで、まだまだ記録の更新が期待できそうだ。
 ずっとピッチに立ってきたが、順風満帆だったわけではない。1993年のW杯予選では最終予選の最後の試合で終了間際に同点にされ、悲願の本大会出場をあと一歩のところで逃した苦い経験も(ドーハの悲劇)。4年後のW杯では本大会直前のスイス合宿でメンバーの選考から漏れる憂き目にもあった。大きな困難、絶望に直面しても、決してあきらめず新たな目標へ精進を重ねたからこそ次々と記録を生み出すことができるのであろう。
 2年前の当欄でもカズを取り上げ、カズが頑張れる秘訣を「脳に限界をつくらない」ことであると紹介した。サッカーの進化のために〝金槌〟を克服、新たなプールトレーニングを取り入れるようになったのは、ほんの数年前だ。目標から逃げない強い心を持ち、体力の限界に挑戦し続けるストライカー。引退の日がくるまで、そのプレーでいろんなことを教えてくれそうで、目が離せない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る