由良の衣奈ワカメ 水揚げ不振続く

 由良町衣奈で行われている養殖ワカメの水揚げが、ことしも不振となっている。
 ワカメの種は毎年、徳島県鳴門から仕入れ、11月下旬に種付けを行い、翌年1月下旬から水揚げ開始。ここ数年は種の状態がよくなかったのか水揚げ不振が続いており、ことしも仕入れた時に種が小さかったことから、例年に比べ成長が10日から半月ほど遅れて、水揚げ量に影響を与えている。水揚げ時期を遅らせればワカメは成長するが、水温が上がってくると貝殻などが付着するため商品にならないという。
 地元漁師でワカメ養殖歴45年のベテラン山下長和さんは、「私のところは特に成績が悪く、いつもの水揚げ量の6割ぐらいしかない」と嘆きながらも「これから一気に成長してくれれば」と期待を込めていた。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る