県民俗芸能祭で土生の双頭獅子披露

 第11回県民俗芸能祭が12日に和歌山市の県民文化会館で開かれ、日高地方から土生祭の双頭獅子、由良祭の横浜の獅子舞が披露された。
 県無形民俗文化財に指定されており、全国的にも珍しい4人立ちの双頭獅子では、昨年の秋祭り担当の千津川若中が披露。笛や太鼓などの鳴り物がない静寂の中、雌雄の鬼の持つ矛(ほこ)と簓(ささら)の発する気配のみで踊り、観客を魅了した=写真=。
 同じく県の無形民俗文化財に指定されている横浜の獅子舞は、笛や太鼓などの音色に合わせて舞う2人立ちの獅子。肩車して2㍍以上の高さになった獅子が左右に体を振る場面もあり、会場からは大きな拍手が送られていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る