県民俗芸能祭で土生の双頭獅子披露

 第11回県民俗芸能祭が12日に和歌山市の県民文化会館で開かれ、日高地方から土生祭の双頭獅子、由良祭の横浜の獅子舞が披露された。
 県無形民俗文化財に指定されており、全国的にも珍しい4人立ちの双頭獅子では、昨年の秋祭り担当の千津川若中が披露。笛や太鼓などの鳴り物がない静寂の中、雌雄の鬼の持つ矛(ほこ)と簓(ささら)の発する気配のみで踊り、観客を魅了した=写真=。
 同じく県の無形民俗文化財に指定されている横浜の獅子舞は、笛や太鼓などの音色に合わせて舞う2人立ちの獅子。肩車して2㍍以上の高さになった獅子が左右に体を振る場面もあり、会場からは大きな拍手が送られていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これをこうやってから、これをこうやって…

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る