やりました!

 第14回県広報コンクールの入選作品が決まり、日高地方から広報紙・町村の部で印南町の「広報いなみ4月号」が2位に入った。
 県と県内30市町村でつくる県広報協会が広報技術の向上を目的に開催。平成28年中に発行・発表された広報紙と掲載写真から任意の号を募集し、審査の結果、広報紙の部は市部で上位2作品、町村部で上位4作品、写真の部は一枚写真で上位3作品、組写真で上位2作品を選んだ。
 広報いなみ4月号(A4判20㌻)は移住者座談会を特集。「『めっちゃいい場所』印南町」をテーマに移住者4人らの声をまとめている。このほか、町からのお知らせ、町長メッセージ、まちの出来事を掲載。パラパラ漫画は「ご入学おめでとう」で、掲示板の「4月生まれ・お誕生日おめでとう」では2人を紹介しており、担当者は「特集に力を入れています。広報広聴委員で頑張ったかいがありました。これからも町民の皆さんに親しんでもらえる広報紙づくりに努めたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. あ~ん、もう、モロコ~!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る