印南の愛伝説 ボランティアを募集

 印南町内3寺院の「愛伝説」に登場する女性のキャラクターデザインを作った「印南愛伝説チーム『愛』3(さん)」(坂下緋美代表)は、その3人の衣装を着て各種イベントにマスコットとして参加するボランティアを募集している。17日まで。
 印定寺「角屋恋物語」のオサナ、瀧法寺「瀧姫伝説」のお愛、東光寺「小栗伝説」の照手姫の3人。3人のヒロインや愛伝説について広めようと、町文化協会会長の坂下さんと役場の女性職員2人が活動に取り組んでいる。
 対象は原則12歳から19歳までの女性(衣装の関係で身長150~160㌢ぐらい)。自薦・他薦問わず、定員の6人を超えた場合は抽選で決める。併せて衣装製作、着装の各協力スタッフを募集。「印南の歴史は奥が深くて面白い。郷土に伝わる文化を学び、まちを愛でいっぱいにしたいと思います」と応募を呼びかけている。問い合わせは町産業課℡0738―42―1737。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る