子育て支援は第1子から

 ネットでニュースを読んでいたら、自民党の小泉進次郎農林部会長(35)が大阪市内で開かれた講演会で少子化対策について語った記事が目に留まった。小泉氏は「異次元の少子化対策をやらないといけない」と強調したうえで、政府による子育て支援は「第3子以降の重点支援ではなく、第1子に変えるべきだ」との持論を述べたという。この持論は以前、テレビのインタビューでも発表しており、「その通りだ」と同感したのを思い出した。国会議員の中でも一、二の発信力がある政治家だけに、もっともっとこの発言を続けていってもらいたい。
 子育て支援の各種施策。第3子が生まれると100万円を助成、第3子以降の保育料無料などはよくあるが、それでは少子化対策の効果はないに等しいと思う。晩婚化の時代。女性は20代後半に結婚し、30歳ぐらいで出産。その後、育児をして、経済的に余裕がないので働くために保育所を探し、さらに仕事も見つけなければならない。「2人目の子どもがほしいな」と思っても、次々と現れる高いハードルをクリアしている間に年齢を重ねていってしまう。「7割がためらう2人目」との一部報道もあるように、第1子で大変だと2人目以降を考えるのが難しくなるのは仕方がないといえるだろう。
 事業でも生活でも、何でもそうだが物事がうまくいかないのはハードル(原因)に気がつかないか、気づいていても放置してしまっているからという場合が多い。少子化については子育て環境、経済的支援などハードルは把握しているはず。あとはやるか、やらないか。少子化対策は地方創生の肝心な部分。「第1子から重点支援」と改め、すぐに本腰を入れるべきだ。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る