紀州鉄道が脱線

 御坊市内を走る紀州鉄道が22日午前11時ごろ、湯川町小松原地内の御坊―学門駅間で脱線。乗客、乗員にけがはなかったが23日正午現在、復旧のめどは立っていない。
 現場は、湯川町小松原の北裏病院西にある湯川第2踏切から南約30㍍。御坊署によると、1両編成で10時58分御坊駅発、西御坊駅行きの車両が時速13~15㌔で走行中、御坊駅を出て一つ目の同踏切を過ぎた直後、運転士が大きな音や揺れを感じたため、ブレーキをかけて緊急停止したところ、後方の車輪(2つ1セット)が左右両側とも線路から脱輪していた。置き石などの形跡はなかったという。乗客の5人と運転士にけがはなく、乗客はタクシーで代替輸送された。
 御察署等が事故原因を調べるとともに、紀州鉄道では復旧作業を進めている。

関連記事

フォトニュース

  1. たくさんのご応募ありがとうございます

日高地方などのイベント情報

  1. 第6回清川里山まつり

    2月 24 @ 10:00 AM
  2. 第13回白浜エアポートクリテリウム

    3月 17 @ 12:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る