日高高校で百人一首大会

 日高高校(上田優人校長)は16日に第42回校内百人一首かるた大会を開き、生徒たちが枚数を競った=写真=。
 1、2年生の各クラス代表者らが参加し、グループに分かれて行った。読み上げられるたびに一生懸命札を探す生徒もいれば、暗記していて、上の句を読み上げるとすぐに札を取り、他を圧倒する生徒の姿も。1位は49枚をとった杉本まりんさん(2年)、2位は45枚の大西友麻さん(2年)、3位が39枚の大串聡子さん(2年)。クラス対抗の団体の部では1位が2年4組(杉本まりん、山西萌加、大串聡子、川合幸穂)、2位が2年5組(大西友麻、岸井志織、橋伸弥、森本みゆき)、3位が1年5組(岡はるか、柏木大輝、山本詩央理、中野陽介)だった。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。