日高高校で百人一首大会

 日高高校(上田優人校長)は16日に第42回校内百人一首かるた大会を開き、生徒たちが枚数を競った=写真=。
 1、2年生の各クラス代表者らが参加し、グループに分かれて行った。読み上げられるたびに一生懸命札を探す生徒もいれば、暗記していて、上の句を読み上げるとすぐに札を取り、他を圧倒する生徒の姿も。1位は49枚をとった杉本まりんさん(2年)、2位は45枚の大西友麻さん(2年)、3位が39枚の大串聡子さん(2年)。クラス対抗の団体の部では1位が2年4組(杉本まりん、山西萌加、大串聡子、川合幸穂)、2位が2年5組(大西友麻、岸井志織、橋伸弥、森本みゆき)、3位が1年5組(岡はるか、柏木大輝、山本詩央理、中野陽介)だった。

関連記事

フォトニュース

  1. ストライ~クッ!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る