しなやかにお腰を決めて

 日高川町の鐘巻伝統芸能教室実行委員会は14日、道成寺で日本舞踊教室を開き、児童26人が3月25日の発表に向け稽古をスタートさせた。
 文化庁補助事業で、ことしで6回目。今回の練習の演目は「長唄 花くらべ」で、講師は花柳風圭さん(堺市)と花柳百滋さん(和歌山市)。参加児童は日高地方の小学1年生から6年生で、浴衣に着替えて稽古スタート。
 この日の内容は「花くらべ」の最初の部分で、本番で使う桜の持ち枝に見立てた棒を手に練習。半分以上が経験者だが初めての子もおり、膝の曲げ方などで丁寧に指導を受けながら真剣な表情で練習。ぎこちない動きの子どもたちも、少しずつしなやかに踊れるようになっていた。
 初参加の上山夏陽さんと南真白さん(いずれも名田1年)は「とっても難しいですが、これからも稽古を頑張りたいです」と話していた。
 教室は3月25日までの全14回で、最終日は着物を着て発表会を開く。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る