日高地方駅伝 みなべが4年ぶり優勝

 日高地方体育協会等主催の第53回日高地方駅伝競走大会は15日、美浜町役場周辺コースで開かれ、時折小雪が舞う寒さの中、7市町代表が小学生男女各3人、一般3人の9区間20㌔で熱戦を展開した。5区終了時点でトップから40秒以内で5チームがしのぎを削る、近年まれに見る大混戦となったレースは終盤の7区で首位を奪い返したみなべ町が4年ぶり3回目の優勝を飾り、昨年15秒差の2位に泣いた雪辱を果たした。準優勝は印南町。3位に地元の美浜町が入った。
 平成17年度から使用してきた日高川町の旧大星小学校周辺からコースを変更して熱戦。1区を4位でスタートしたみなべ町は2区で一つ順位を上げると、3区・沖見の区間賞の快走で2位に浮上し、4区・森川の力走でトップに立った。5区は順位をキープ。6区では再び2位に後退したものの、7区・橋本が区間賞の素晴らしい走りで先頭を奪い返した。8区がリードを守ったあと、2位に16秒の〝貯金〟をもらって中継を受けたアンカー・林は後続を寄せ付けない区間賞の走りを見せ、2位の印南町に38秒の差をつけてフィニッシュを決めた。
 一般区間に大学まで駅伝で活躍した20代の若手が加入し、猛追及ばなかった昨年のリベンジに挑んだみなべ町。東司監督は「前半、よく粘ってついていけたので思ったよりも早く先頭に立つことができた。子どもも大人も本当によく頑張ってくれました」と会心のレースを振り返り、「小学生は来月、ジュニア駅伝もあり、これをはずみに頑張ってくれると思う。きょうの優勝で中学生の闘志に火がついてくれれば」と今後の活躍にも期待。7区・区間賞の橋本日菜子選手は「絶対に前を抜くぞと思って走り、力を出し切れました。みんなで頑張ったからこその優勝で、うれしいです」と笑顔いっぱいに話していた。
 印南町は4区の小学生女子と6区の一般区間で区間賞を獲得し、6区では一時、先頭にも躍り出た。7区を3位、8区を2位で通過後、アンカーも粘りの走りでみなべ町に続いた。美浜町は1区から3区まで首位を譲らないなど序盤に見どころたっぷりのたすきリレー。4区以降も安定した中継を披露し、一度も4位以下にならずにゴールした。昨年の覇者で3年連続12回目の優勝を狙った御坊市は小学生2人が区間賞も6位に終わった。
 7市町の成績と区間賞受賞者は次の通り。
 【成績】①みなべ町(早田衣吹、瀧谷陽斗、沖見直哉、森川ほのか、山本陽介、片山清範、橋本日菜子、清水快音、林優)1時間13分1秒②印南町(谷口千桃、前田晴輝、久保典也、片山有咲、平井啓太郎、西川紘平、上野愛果、鈴木蓮清、三木佑太)1時間13分39秒③美浜町(中西陽菜、中西悠吏、小松亮裕、寄住碧、木村京、吉川元、松島美咲、上杉翔真、塩﨑徳雄)1時間14分38秒④日高町⑤日高川町⑥御坊市⑦由良町
 【区間賞】(1・2・4・5・6・7・8区2㌔、3・9区3㌔)▽1区・小学生女子=中西(美浜町)7分37秒▽2区・小学生男子=原貫太(御坊市)7分5秒▽3区・一般=沖見(みなべ町)9分25秒▽4区・小学生女子=片山(印南町)8分2秒▽5区・小学生男子=小川隼(御坊市)7分23秒▽6区・一般=西川(印南町)6分27秒▽7区・小学生女子=橋本(みなべ町)8分6秒▽8区・小学生男子=北川智也(日高町)7分27秒▽9区・一般=林(みなべ町)9分23秒

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、けっこう汚れてますね

写真集

日高地方などのイベント情報

  1. フェスタ・ルーチェサテライト

    7月 28 @ 7:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る