有意義な休みで公私充実

 師が走り、年が明けて早くも半月。消防の出初め式があり、成人式、十日えびす、鏡開きと1月の恒例行事が過ぎていく。「1月いぬる、2月逃げる、3月去る」という言葉があるように、正月から3月まではあっという間。気付いたときには春になっていて、そうこうしているうちに夏になり、もう秋かと思ったら冬だった。平穏無事とも言えるかもしれないが、なんとなく過ぎた一年にはしたくない。
 2017年は昨年に比べて祝日で仕事が休みになる日が4分の1減る――カレンダーを眺めながら嘆いている友人。なんのことかというと、ことしは土曜日と重なる国民の休日が4日あり、「週休2日で土日が休み」といった土曜休みの人にとっては、その4日分の休みがふいとなる。学校もそう。そんな「悲しい現実」に気付いていた人はどれくらいいるだろうか。
 カレンダーを見ると2017年の祝日のうち土曜日と重なるのは2月11日「建国記念の日」、4月29日「昭和の日」、9月23日「秋分の日」、12月23日「天皇誕生日」の合計4日。国民の休日は現在1年に16日あり、昨年は土曜日と重なる祝日がなかったため、一般にいわれる週休2日の人にとっては、単純計算で祝日による休みは4分の3になる。
 土曜日に日曜日付の新聞を発行している私たちを含め、土曜日が仕事の人にとってはプラスマイナス0。むしろ連休が増え、うれしくも思える。社内で話題になったときも女性社員が喜んでいた。また、うちの会社では年次有給休暇の取得も促進されている。仕事はもちろんとして、一日ゴロゴロするだけの休日を、有意義な休みにあらため、公私とも充実した一年にしたい。  (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る