御坊市のファミサポ開設準備進む

 ことし秋のオープンへ向けて御坊市が取り組んでいるファミリーサポートセンターの運営の核となるスタッフ会員が、本年度は27人が登録し、順調な滑り出しとなっている。来年度は夏ごろにスタッフ会員養成講座を開講する計画で、目標の50人を確保したい考え。利用会員の募集も夏ごろを予定しており、子育て世代をサポートする注目の拠点づくりは着々と進んでいる。
 ファミリーサポートセンターは、子育て世代の仕事と育児の両立を支援する拠点となる。例えば保育所への送迎、学校の放課後や学童保育終了後の子どもの預かり、保護者の病気や急用時、買い物などで外出する際に子どもを預かるなど、多様なニーズに対応する。実際に送迎などを行う人はスタッフ会員、依頼する側は依頼会員にそれぞれ登録。サポートセンターのアドバイザーが依頼を受け付け、スタッフ会員とのマッチングを行うシステム。御坊市では、耐震補強工事が完了した御坊小学校北校舎1階にファミリーサポートセンターを開設することにしている。
 ファミサポ運営に欠かせないスタッフ会員は、スタートまでに50人を確保するのが目標。24時間の講習を受講しなければスタッフ会員に登録できないため、市では本年度に養成講座を開講し市内外の男女30人が受講した。このうち27人がスタッフ会員に登録を済ませており、来年度夏に開講予定の養成講座で50人に達するようPRしていく。養成講座の受講対象は一時保育経験者、保育士、看護師、ヘルパー等の有資格者、子育て経験のある人ら。
 夏には利用会員も募る計画。料金設定など具体的なことは今後煮詰めていく。市社会福祉課では「子育てを地域で支え合う活動です。スタッフ会員、利用会員とも多くの人に登録してもらえるよう、オープンに向けて準備を整えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る