「玉葱」

 全国の高校生、大学生などを対象にした第16回福知山市佐藤太清賞公募美術展の絵画の部で、紀央館高校美術部の岡田奈津実さん(3年)が最高となる佐藤太清賞を受賞。森彩乃さん(3年)が2年連続となる特選に選ばれた。今月23日から福知山市佐藤太清記念美術館を皮切りに、全国5会場で展示される。
 絵画の部には例年100点前後の応募があり、佐藤太清賞3点、福知山市長賞1点、板橋区長賞1点、横浜賞1点、特選6点、入選28点程度を選んだ。
 岡田さんの作品は、つるされたいくつかのタマネギをF50号(130㌢×91㌢)のキャンバスに油彩絵の具でリアルに描いた「玉葱」。皮の複雑さにひかれて選んだ題材で、黒ずんだ部分や薄くなっているところ、光が当たって白くなっている個所など微妙な色の違いを繊細に表現。制作日数は約3カ月。受賞に「とても素晴らしい賞をいただけてうれしいです」と笑顔いっぱいに話している。今回で、高校での作品作りは終わったが、卒業後は京都嵯峨芸術大学へ進み、さらに技術を磨いていく。
 森さんは自身の漁港シリーズ3作目となる「夕焼けの塩屋漁港」。F50号のキャンバスにアクリル絵の具で描いた。前作、前々作は夕日が映った水面の様子に力を入れてきたが、今回はさらに空のグラデーションに注目。これまで培ってきた技術を生かして、色が変わっていく様子を丁寧に表現した。2年連続の特選に「上の賞にいけず少し悔しいですが、受賞できてうれしいです」と話している。昨年は同題材1作目の「塩屋漁港の夕暮れ」で受賞している。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、こんなとこにもいてる!

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る