辻原登氏 日本芸術院会員に内定

 印南町出身、横浜市在住の芥川賞作家、辻原登さん(70)が日本芸術院会員に内定された。俳人の宇多喜代子さんと2人で、15日付で文部科学大臣が発令する。
 辻原さんは本名村上博。貿易会社、電算機会社勤務を経て作家となり、平成2年に「村の名前」で芥川賞を受賞した。以後、精力的に執筆活動を続け、「許されざる者」で毎日芸術賞、「闇の奥」で芸術選奨文部科学大臣賞、「韃靼(だったん)の馬」で司馬遼太郎賞、「花はさくら木」で大佛次郎賞など多くの賞を受賞。ことし6月には日本芸術院賞恩賜賞を受けていた。現在、三島由紀夫賞、川端康成文学賞、日経小説大賞、司馬遼太郎賞、読売文学賞、群像新人文学賞等の選考委員を務める。
 日本芸術院会員は非常勤の国家公務員。任期は終身。定員120人で、会員数は内定を含め101人となる。

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘そ~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る