全国目指して頑張ります。押忍!

 県高校空手道新人大会が那智勝浦町立体育文化会館で開かれ、女子個人形で南陵の松下紗良さん(1年)=岐阜県出身=が優勝、男子個人組手で同校の鍛冶屋慧太君(1年)=大阪府出身=が3位入賞。それぞれ1月21、22日に滋賀県で開かれる近畿大会出場を決めた。
 女子個人形には10人、男子個人組手には55人が出場し、いずれもトーナメントで熱戦。
 形は決まった演舞をし、技のキレ、パワー、スピード、決め、気合いなどで競う。松下さんは初戦、横蹴り主体でスピードがある形「観空大(カンクウダイ)」で熊野の選手を4―1、2回戦は同じくスピードがあり回転や技のつなぎが特徴的な形「燕飛(エンピ)」で近大新宮の選手を6―1、決勝も「燕飛」で熊野の選手を5―2で破った。
 組手は寸止めで頭部や腹部に突きや蹴りを入れることで1~3のポイントが入り、8ポイントを取るか、時間終了後にポイントを多く取っている選手が勝利。鍛冶屋君は得意のカウンター攻撃と左突きを駆使し、初戦で那賀の選手を8―0、2回戦で近大新宮の選手を8―0、3回戦で熊野の選手を4―1で破り、準決勝で箕島の選手に1―6で敗れた。
 近畿大会で上位入りすれば全国大会に出場でき、2人は全国目指して闘志を燃やしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 春本番もすぐそこ

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る