由良中学校に国税庁長官賞

 熱心な租税教育推進校として、由良町の由良中学校(藤本糧三校長)が、国税庁長官表彰を受ける。大阪国税局管内(近畿2府4県)で1校。15日に御坊商工会議所で行われる納税表彰式で伝達される。
 由良中は平成21年の春に由良港、白崎、衣奈の3校が統合して開校。それぞれ統合前から租税教室を積極的に開催し、税の作文、標語で高い応募率を誇ってきた。各校が御坊税務署長表彰を受け、由良港と白崎は大阪国税局長表彰を受賞。租税教育に熱心な学校同士が一つになるのは珍しい上、統合後もつなぎ目なく租税教育に重点を置いて作文、標語で堅調な応募率を維持しており、高い評価を受けた。
 ことしの応募率はともに100%。町内唯一の中学校として租税教育推進の中心的な役割を果たしており、高い評価を受けた。受賞に藤本校長は「これまでの成果によるもの。租税教室や作文、標語の応募を通し、税について一歩踏み込んで考えられる生徒、税が世の中のために有効に使われているか理解できる大人になるよう取り組んでいます」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜はまだ少し早いけど

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る