御坊市展 知事賞決まる

 第62回御坊市美術展覧会(市展)の入賞者が決まった。最優秀の知事賞には、写真の部で松本芳史さん(日高町荊木)の「連」、陶芸の部で山西峰子さん(印南町印南)の「夜明け前」、書の部で樫木香乃さん(紀央館高、御坊市野口)の「臨王鐸」、日本画の部で西端諭利さん(御坊市湯川町財部)の「富貴花(天衣)」、洋画の部で塩路沙菜さん(南部高、御坊市藤田町吉田)の「WATER!!」が選ばれた。表彰式は11月23日午後1時半から御坊市中央公民館で行われる。
 応募総数は、198人から231点。昨年より2人2点少ない。近年は洋画と書で高校生が増えており、洋画は53点中18点、書は55点中21点が高校生の作品だった。第1期展(洋画・写真・陶芸)は11月3日から6日まで、第2期展(書・日本画)は同10日から13日まで。鑑賞解説は、11月6日午後2時から写真、同午後3時から洋画と陶芸、11月13日午後3時から書と日本画の日程で行われる。
 知事賞以外の各部門入賞者は次の皆さん。
 【写真】市長賞=山口正英(美浜町和田)「ファミリー」▽教育委員会賞=山本一也(御坊市湯川町財部)「おかず横丁」▽中央公民館長賞=近藤義之(御坊市島)「発散」▽文化協会長賞=玉置陽子(日高川町鐘巻)「なかよし」▽奨励賞=小池安彦(御坊市島)「自撮り」▽深津猛夫(印南町美里)「タッチ」、山本榮一(御坊市島)「勝負あり」、古家禾積(美浜町和田)「眠たいよォ」、阪口成次(御坊市湯川町財部)「山紫水明」▽市議会議長賞(無鑑査特賞)=丸山佳子(御坊市藤田町吉田)「アフタヌーン」
 【陶芸】市長賞=細川昌利(御坊市湯川町財部)「嵐ノチ晴レ」▽教育委員会賞=西原和子(印南町印南)「流木」▽中央公民館長賞=岡本親代(日高川町小熊)「秋の訪れ」▽文化協会長賞=長井栄子(印南町印南)「蔦」▽奨励賞=橋本善一(日高川町和佐)「お皿(鉄・土灰釉)」▽市議会議長賞=日裏幸代(印南町皆瀬川)「遊ぶ」
 【書】市長賞=大谷朱里(美浜町和田)「臨傅山」▽教育委員会賞=林優希(日高川町初湯川)「楷書嬌舞倚床図便面賦軸」▽中央公民館長長=岡晴奈(日高川町小熊)「黄道周の書」▽文化協会長賞=原彩花(御坊市藤田町吉田)「臨王鐸」▽奨励賞=新田桂華(日高川町和佐)「長塚節の歌」、嶋田有紗(日高川町小熊)「臨苕溪詩巻」、藤川未帆(美浜町吉原)「臨趙之謙」、山本真穂(御坊市湯川町小松原)「臨王鐸」▽市議会議長賞=中辺葵扇(御坊市湯川町財部)「唐詩二首」
 【日本画】市長賞=津本千絵(御坊市御坊)「さんきらい」▽教育委員会賞=小嶋美紀(御坊市薗)「きいろ」▽中央公民館長賞=下田美枝子(日高川町小熊)「水路閣」▽文化協会長賞=力津妙子(日高町志賀)「里山の恵み」▽奨励賞=坂口紀子(日高川町小熊)「蓮」、藤並茂美(御坊市名屋)「薔薇」▽市議会議長賞=宮本勇(日高川町江川)「春渓」
 【洋画】市長賞=米原花梨(御坊市島)「青の扉」▽教育委員会賞=瀧尻花奈(日高川町山野)「民家の土壁」▽中央公民館長賞=北村好子(由良町里)「奴凧」▽文化協会長賞=小谷桃加(日高川町小熊)「いつもの風景」▽奨励賞=岩城花音(御坊市藤田町藤井)「ジャングルジム」、竹本麻邑(印南町樮川)「撫子」、河内帆乃花(由良町阿戸)「生命」、西本有樹乃(みなべ町熊岡)「terracotta Triangles」、上西花(御坊市藤田町吉田)「蓮」▽市議会議長賞=有本充(御坊市塩屋町北塩屋)「南紀陽光」

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る