みなべの小谷町長が3期目初登庁

 無投票で3選を決めたみなべ町の小谷芳正町長(67)が4日、初登庁した。
 午前8時に自家用車で役場に到着。玄関前で待機していた職員から大きな拍手が上がり、花束の歓迎を受けた。すぐに役場大会議室で訓示式。小谷町長は3期目の方針を示し、「5年前の紀伊半島水害では1人の死者が出たが、今後は防災に力を入れて犠牲者を出さないような町づくりを進めたい」と述べた。子育てや教育面では「学童保育にALT(外国語指導助手)を導入し、小学生たちに英語に慣れ親しんでもらうようなことも考えられないか検討してしてみたい」と意欲をみせた。人口減の防止では「産業の活性化が大切で、住民の所得向上が一番。梅製品の海外輸出を増やすため、まず13日から16日まで上海に行き、梅の市場調査を行う」と述べ、「3期目は財政的に厳しいが、思い切った政策に取り組みたい」と決意を示した。職員に対しては「100%で仕事に取り組むのではなく8割程度にし、2割の余裕を残して災害などいざという時に備えてほしい」と呼びかけた。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山のPRまかせてください!

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る