印南祭の川渡りに歓声

 日高地方の秋祭りトップを切って2日、山口・印南両八幡神社祭礼「印南祭」が行われた。5年ぶりの日曜日で例年以上の人出でにぎわい、名物の川渡りでは若中たちが印南川で競り合い熱気ムンムン。「ソーリャ、ソーリャ」と威勢のいい掛け声を張り上げ、印南のまちは祭り一色に盛り上がった。
 本郷、宇杉、光川、東山口の4地区が氏子の印南八幡神社祭礼は午前中に宮入りして各組が獅子舞を奉納。午後から神輿と屋台が印南漁港横のお旅所へお渡りし、クライマックスでは全国でも珍しい川渡りが行われた。4組の屋台と神輿が順番に水しぶきを上げながら勢いよく川に入り、川の中で若中たちがパワー全開。掛け声と太鼓の音が響くなか、熱気も最高潮に達した。印南祭は日程が2日に決まっているため、日曜日の機会に一目見ようと地元以外からも多くの人出。汗ばむ陽気のなか、例年以上の盛り上がりをみせた。
 浜、地方、津井、楠井、上野、野島、西山口の7地区が氏子の山口八幡神社祭礼は午前中に印南漁港で競り合い。屋台を激しく押し合い、高く上がる様子に沸いた。港を出てから印南の街中を屋台が練り歩き、山口八幡で地方の雑賀踊りなどを奉納。午後から再び印南港のお旅所へお渡りし、踊りや獅子舞が行われた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る