印南祭の川渡りに歓声

 日高地方の秋祭りトップを切って2日、山口・印南両八幡神社祭礼「印南祭」が行われた。5年ぶりの日曜日で例年以上の人出でにぎわい、名物の川渡りでは若中たちが印南川で競り合い熱気ムンムン。「ソーリャ、ソーリャ」と威勢のいい掛け声を張り上げ、印南のまちは祭り一色に盛り上がった。
 本郷、宇杉、光川、東山口の4地区が氏子の印南八幡神社祭礼は午前中に宮入りして各組が獅子舞を奉納。午後から神輿と屋台が印南漁港横のお旅所へお渡りし、クライマックスでは全国でも珍しい川渡りが行われた。4組の屋台と神輿が順番に水しぶきを上げながら勢いよく川に入り、川の中で若中たちがパワー全開。掛け声と太鼓の音が響くなか、熱気も最高潮に達した。印南祭は日程が2日に決まっているため、日曜日の機会に一目見ようと地元以外からも多くの人出。汗ばむ陽気のなか、例年以上の盛り上がりをみせた。
 浜、地方、津井、楠井、上野、野島、西山口の7地区が氏子の山口八幡神社祭礼は午前中に印南漁港で競り合い。屋台を激しく押し合い、高く上がる様子に沸いた。港を出てから印南の街中を屋台が練り歩き、山口八幡で地方の雑賀踊りなどを奉納。午後から再び印南港のお旅所へお渡りし、踊りや獅子舞が行われた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなサッカー大好きです!

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る