県看護協会 紀央館高校で進路講座

 紀央館高校(兒玉佳世子校長)で21日、県看護協会(古川紀子会長)の出前講座が行われ、生徒が看護職の仕事や魅力について説明を聞いた。
 同協会の看護職人材確保事業で初めての取り組み。古川会長が3年生の進路別総合学習に講師として出向き、介護・医療系を志望する20人が受講した。
 看護職は保健師、助産師、看護師、准看護師の総称で、古川会長は看護の道に進んでもらおうと、自身のこれまでの体験、県内の状況、働き先、資格取得の方法を説明。「看護は人の役に立てる素晴らしい職。進学や就職による若い人の県外流出が多いなか、ぜひ看護職に就いて県内に定着してください。資格は一生もの。地域に関わる仕事も増えています」と呼びかけた。
 看護の仕事や県内の養成所(大学・専門学校・高校)をまとめた紹介DVDも上映。看護師を志望している岡田麻緋さん(18)は熱心に聞き入り、「人の役に立ちたくて。ますますなりたいという気持ちが強くなりました」と話していた。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る