県看護協会 紀央館高校で進路講座

 紀央館高校(兒玉佳世子校長)で21日、県看護協会(古川紀子会長)の出前講座が行われ、生徒が看護職の仕事や魅力について説明を聞いた。
 同協会の看護職人材確保事業で初めての取り組み。古川会長が3年生の進路別総合学習に講師として出向き、介護・医療系を志望する20人が受講した。
 看護職は保健師、助産師、看護師、准看護師の総称で、古川会長は看護の道に進んでもらおうと、自身のこれまでの体験、県内の状況、働き先、資格取得の方法を説明。「看護は人の役に立てる素晴らしい職。進学や就職による若い人の県外流出が多いなか、ぜひ看護職に就いて県内に定着してください。資格は一生もの。地域に関わる仕事も増えています」と呼びかけた。
 看護の仕事や県内の養成所(大学・専門学校・高校)をまとめた紹介DVDも上映。看護師を志望している岡田麻緋さん(18)は熱心に聞き入り、「人の役に立ちたくて。ますますなりたいという気持ちが強くなりました」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 野球も女子が熱い!

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る