台風16号 日高地方も各地で爪痕

 20日に田辺市に再上陸し、日本列島の太平洋側を横断した台風16号は、日高地方にも爪痕を残し、印南町では民家の太陽光パネルが風で飛ばされる被害があった。
 印南町西ノ地の70代女性宅で、台風が再上陸した午後1時半ごろ、北向かいの家から屋上に設置されていた太陽光パネルが飛来。女性によると、「ズドーン」という大きな音とともに地震が起きたような揺れを感じた。1階にいた女性は思わず小学生の孫2人を抱きかかえ、約半時間後に家の外を見ると、2階のベランダと南側の電線に数十枚のパネルが乗り、数枚が家を飛び越えて道に落下していた。強風にあおられたとみられている。女性は「本当に怖かったです。そして外を見てびっくり。けががなくてよかった」と胸をなで下ろしていた。電線に引っかかり揺れていたパネルは、午後9時すぎにベランダに引き揚げられたという。

関連記事

フォトニュース

  1. 道成寺のしだれ桜も見頃に

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る