バスケの盛り上がりに期待

 男子バスケットボールの新しい国内プロリーグ「Bリーグ」が開幕し、最初の試合はアルバルク東京が琉球ゴールデンキングスに80―75で勝利した。Bリーグは、これまでの男子バスケ国内2つのリーグ、NBLとbjリーグを統一し、新しくできたプロリーグ。開幕戦はNBLで昨シーズン勝率1位の東京とbjリーグを4度制した琉球が激突し、試合は「エリート」といわれる東京がリード。対する「雑草」の琉球が追い上げる白熱の展開となり、手に汗握る熱戦に興奮を覚えた人も少なくないと思う。
 男子バスケの国内リーグは2005年に2つに分裂。その後、国際バスケットボール連盟から競技団体の資格を止める制裁が科された。日本は国際試合に出場できなくなり、解除のために2つのリーグを統一。Bリーグが発足し、なんと開幕戦はテレビの地上波、それもゴールデンタイムに生中継された。
 筆者は高校時代、バスケ部に所属。箸にも棒にも掛からないレベルだが、いまでもほぼ週1回汗を流し、年2回リーグ戦に参加している。バスケの国内競技人口はサッカーに次ぐ規模を誇りながら男子代表の低迷や2リーグ併存の分かりにくさもあり、観戦者がなかなか伸びなかったといわれているが、BリーグのスタートでJリーグ誕生以降のサッカー界のような飛躍、発展に期待。日高地方でも20年前にはなかったミニ(小学生)が現在2チーム活動し、県大会で上位の成績を残す活躍を見せている。中学生も県選抜に入る選手が現れたり、高校ではことし日高男子が中紀大会10年ぶり優勝。グローバルで今や国民的スポーツと言えるサッカーのように、一層の競技力向上や盛り上がりに期待したい。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. お外でヨーガ 気持ちいい~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る