うわ、すげ~、殴っても痛ない?

 日高川町、川辺西小学校(尾崎和弘校長)の4年生37人が14日、社会見学で御坊署を訪れ、警察の仕事について学んだ。
 署員から警察の仕組みを教わり、質問タイムがスタート。「一日に事件や事故はどれくらい起きますか」「拳銃はどんなときに使うのですか」や署の体制、仕事に関係する10項目以上をぶつけ、丁寧に返ってくる答えをメモしていた。パトカーに乗る地域課員に実際の装備も見せてもらって勉強。鉄板が入っているという防刃(じん)ベストや警棒、手錠を触り、興味津々の様子で、署内見学やパトカー乗車にも目を輝かせていた。
 この日は日高広域消防も訪問。消防や救急について学習した。

関連記事

フォトニュース

  1. これはこうやって飛ばすんよ

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
求人ステーション
ページ上部へ戻る