津波の日高校生サミット 日高の女子3人参加へ

 昨年12月、濱口梧陵の「稲むらの火」にちなんで制定された11月5日の世界津波の日の啓発イベントとして、11月25、26日に高知県黒潮町で青少年による国際会議「世界津波の日」高校生サミットin黒潮が開催される。国内35校から100人、海外からも29カ国250人の高校生を招く。和歌山からは日高の1年生3人が参加。本番に向け発表内容をまとめている。
 高知県や黒潮町など主催。参加者は国内が岩手、宮城、福島、東京、神奈川、大阪、高知、佐賀など東北から九州までの各県。海外は中国や韓国、インド、シンガポール、ベトナム、ミャンマー、フィジー、マーシャルなどの東・東南アジア、オセアニアを中心に、アメリカ、チリ、ポルトガル、ケニアなど世界各地から参加する。
 内容は「自然災害から生き抜くために、次世代を担う私たちができること~自助、共助、公助の視点から~」を大テーマに、「自然災害リスクの理解」「自然災害への備え」「自然災害からの復興」の3つの小テーマから各校が1つを選び、考えてきたことをプレゼン。言語は英語を使用する。
 和歌山からは日高1校のみで、1年生の中井充歩さん、松村愛恵さん、岡はるかさんの3人。テーマは「自然災害からの復興」の中の学生が果たす役割についての研究。▽同校が実施している防災に関するさまざまな体験ができる「防災スクール」のPR方法▽同校への避難者が夜間でもスムーズに避難できるよう蓄光塗料を使った正門から4階までの避難経路看板▽防災だよりの発行と、発行による生徒の意識変化││の3つを調べる。蓄光塗料看板は実際に設置、防災だよりも1、2年生対象に全5回発行し、発行前と発行後に生徒約240人を対象にアンケートをとり、知識や意識の向上があったか調べる。
 3人は7月から定期的に集まっては内容を詰めてきており、今後は各取り組みを実施し、内容を原稿にまとめ、スクリーンに映す資料も作成していく。7、8月に開かれた和歌山高校生フォーラムにも参加した中井さんは「フォーラムでは至らなかった部分を見直し、自分たちのプレゼンだけでなく、他の人の内容を聞いて積極的に質問したい」、松村さんは「サミットをきっかけに自分を成長させたい」、岡さんは「たくさんの英語に触れたいです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る