御坊の花火大会 5万人が歓声

 御坊の夏の夜空を彩る恒例の花火大会(同実行委員会主催)が27日に日高川河川敷で開催され、約5万人の見物人でにぎわった。心配された台風接近の影響もなく、心地よい風が日高川沿いを吹き抜ける最高の花火日和。大玉の連発、仕掛け花火、クライマックスの水上自爆とスターマインの競演など、澄んだ夜空に色鮮やかな2400発が咲き誇ると、大きな拍手と歓声が響いていた。
 司会のアナウンスと一緒に見物人が5秒前からカウントダウン。一斉に打ち上がった仕掛け花火が夜空を焦がすと、大きな歓声が上がった。大玉の連発では、夜空一面に大輪の花が咲き、「うわ、おっきい」「すごい迫力」と興奮。輪っか、花が咲いたような形、ニッコリマークなどさまざまな種類の花火もたくさんあり、「いまのかわいかった」などと打ち上がるたびに笑顔で話す家族連れの姿も。クライマックスは日高川の水面にドーム形に広がる水上自爆が腹に響く大きな音を立てながら次々とさく裂するなか、スターマインも打ち上がり、光の競演に目を奪われていた。最後は大玉が夜空を覆い尽くし、大きな拍手が鳴り響くなか幕を閉じた。
 本部席がある日高川堤防道路や18㍍道路は歩行者天国となり、浴衣姿の若者、カップル、親子連れら大勢の人だかりができ、楽しそうに夜空を眺めていた。かき氷やクレープ、たこ焼きなど露店もたくさん並んで祭りの雰囲気満点で、大いににぎわっていた。毎年見に来るという家族連れは「気持ちいい風が吹いて暑くなく、煙もすぐになくなってすごくきれいに見えた。また来年も来たい」と笑顔があふれていた。

関連記事

フォトニュース

  1. これからも頑張ります!

日高地方などのイベント情報

  1. アミザージサッカー教室

    3月 30 @ 9:00 AM
  2. 印南駅ナカコンサート

    3月 31 @ 11:00 AM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る