ジャイアンツカップ 和歌山御坊タイガースが3位

 中学硬式野球のリーグの枠を超えて日本一を決める第10回全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップは23日に東京ドームで準決勝が行われ、和歌山・奈良代表の和歌山御坊ボーイズ/ジュニアタイガースは福岡ボーイズに5―8で惜敗。決勝進出は逃したが、2年ぶり2度目の出場で堂々の3位入賞を果たした。24日の決勝戦のあとに表彰式が行われ、笑顔で賞状を手にした。
 2回戦はサヨナラ、準々決勝もタイブレークを制するなど粘りを見せてきたタイガースは、決勝進出をかけた大一番でも最後まであきらめないプレーが光った。
 3点を追う3回、9番中田と1番中島の連続安打で1死二、三塁と好機をつくると、2番川井田のスクイズ空振りが暴投となり、一気に2人が生還した。リードを5点に広げられた6回には2つの敵失で1死一、三塁から5番寺迫の遊ゴロで二塁アウトの間に三走の畑垣がホームイン。8―3で迎えた最終回は、8番鈴子が内野安打で出塁すると、9番中田が右中間突破の適時三塁打で1点。続く1番中島の遊ゴロで生還し3点差まで追い上げたが、反撃もここまでだった。投げてはエース中田が130㌔台後半の力のある速球で5奪三振と会場を沸かせ、6回から継投の寺迫も粘りの投球が光った。西畑卓也監督は「悔しいです。でも、子どもたちはよく頑張ってここまでついてきてくれました。最高のキャプテンがチームを引っ張り、心一つになりこの結果をプレゼントしてくれました。ありがとう。保護者の皆さんもお疲れさまでした」と選手、保護者、スタッフが一丸となった結果だと強調。川井田駿主将は「東京ドームでの試合はとても緊張しました。絶対に決勝に進んでやると思っていたので悔しかったですが、3位という結果を残せたのはとてもうれしい。チーム一丸で頑張ったおかげだと思います。いろんな人に助けられてここまでこれたので、感謝しています」。山﨑幸二会長は「みんなありがとう。28人という少ない部員で、1537チーム中の3位はとても輝かしい成績でした。和歌山支部長就任の年に子どもたちから最高のプレゼントをもらいました。3年生はこれで終わりになりますが、高校進学先で甲子園出場できることを祈っています」と選手をたたえていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

日高地方などのイベント情報

  1. 巨大アンモナイトをさがせ!!

    3月 24 @ 1:00 PM
  2. 日高町歴史講座

    3月 24 @ 1:30 PM

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る