由良の海で大阪の男性溺れ死亡

 12日昼、由良町戸津井の海で友人らと泳ぎに来ていた大阪市の男性が溺れ、心肺停止の状態で病院に搬送されたが、死亡した。
 亡くなったのは大阪市港区の契約社員、樫原幸一さん(36)。現場は戸津井大橋南詰めから西約100㍍、通称「めずの浜」から沖10㍍付近の海で、同日午前11時55分ごろ、男性が溺れたと119番通報があった。
 海南海上保安署によると、樫原さんは職場の仲間ら計9人で大阪から海水浴に来て、当時1人で泳いでいたところ溺れた。友人が「助けてくれー」と叫んでいるのに気づき、水深約2㍍の海中に沈んでいるのを発見。近くを航行していた小型渡船に助けを求め、樫原さんは小引漁港に搬送されたあと、救急車で御坊市内の病院に運ばれたが、午後3時38分に死亡が確認された。
 ことし御坊署管内で発生した水難事故は3件目。3人目の犠牲者となり、近くで家族と遊んでいた地元の30代男性は「風も波もあるし、気をつけていたところ。大変な騒ぎでした」と話していた

関連記事

フォトニュース

  1. 24日はぜひ来てくださ~い

Twitter

戦争連載2018

  1. 忘れえぬ秩父宮殿下の御訪満 元満州国日本大使館書記官の林出賢次郎氏が満州国執政…
  2. 大陸進出から満州国建国へ  大正から昭和初期にかけての1920年代、日本国内は相次ぐ恐…
  3. 栄えた満州での生活  1931年(昭和6)、柳条湖事件に端を発して満州事変が勃発し、関東軍は満…
  4. カズミちゃんの家に爆弾が直撃 日高町比井の小瀬静代さん(83)は1935年(昭和10)1月3日…
  5. 横須賀の海軍工作学校で訓練 20歳で軍務に服する義務だった徴兵制に対し、本人の意思で入隊する志願制…
ページ上部へ戻る