太陽化学がプレイボーイのマンガに登場

 麻雀牌や全自動麻雀卓のシェア日本一を誇る御坊市の大洋化学㈱が、週刊誌「週刊プレイボーイ」の人気コーナーに取り上げられ、話題となっている。
 漫画家の見ル野栄司さんと、ライターのサカラーさんが日本のものづくり企業を実際に訪問して紹介する「大人の社会科見学ルポマンガ・秘密組織プレイメーソン」のコーナー。2週にわたる企画で、第1弾が8日発売号に6㌻で掲載された。
 最新の全自動麻雀卓の仕組みをユニークに紹介。経営企画部の松山弘樹部長や未来開発室の西端秀記室長らも登場している。松山部長は「ものづくりの楽しさが少しでも伝わるとうれしい。いい宣伝にもなります。次号も楽しみです」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 宝探しに親子ら200人

写真集

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る