広島、日本人なら一度は…

 広島県の原爆資料館(平和記念資料館)を初めて訪れたのは、21年前ほど前、たしか二十歳のころだった。戦争や平和を考える目的ではなく、別のイベント目的で観光旅行の行き先として広島を選んだようにうっすら記憶している。それでも立ち寄った資料館で大きな衝撃を受けたことは忘れられない。原爆の威力のすさまじさ、悲惨さがリアルに伝わる写真や展示物を目の当たりにし、胸が締め付けられた。資料館を出たとき、戦争は絶対にしてはダメだ、日本人なら一度は訪れなければならない場所だと思ったことはいまでもはっきり覚えている。
 子どもたちにも見せておきたいと、再び訪れたのは4年前。展示物などが記憶と少し変わっていて、個人的には怖さの伝わり方が少し柔らかくなったように感じたが、それでも子どもには戦争の悲惨さが伝わったのは間違いない。
 71回目の原爆忌を迎えた広島には、ことし5月、現職としては初めてオバマ米大統領が訪問した。世界で唯一原爆を投下した国のトップが、唯一の被爆地を訪れたことは、非核へ向けた歴史的な一歩だったといえるだろう。懸念されるのは、被爆者の高齢化。平均年齢は80・86歳で前年をさらに上回ったという。生き証人の生の声を聴く機会は年々減っている。
 戦争はやってはいけないことは誰でも分かっている。それは過去からいまへと語り継いできたからにほかならない。書物やインターネットでもいい、体験者の声を聴くことは最も心に響く手段であろう。若者に、子どもたちに、体験者の声や書物に触れることの大切さを教えるのも、大人の責任。広島にもぜひ一度は足を運んでほしいと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. かごいっぱいになあれ!

日高地方などのイベント情報

  1. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  2. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る