違法レーザー販売 御坊の男検挙

 国の安全基準を超える出力のレーザーポインターをインターネット販売したとして、御坊署等は5日、御坊市内に住む50代の男を消費生活用製品安全法違反の疑いで検挙、在宅送致したと発表した。全国的に相次ぐ高出力レーザー光を使ったとみられる照射事件を受け、大阪や和歌山の7府県警が共同捜査を実施。この日までに合わせて10業者を摘発し、13人を検挙、うち4人を逮捕している。
 調べによると、御坊市の男はことし3月29日ごろ、大阪市内の女性に対し、御坊市内の郵便局から、法定の表示(PSCマーク)がないレーザーポインター1本を発送し、代金3200円で販売した疑い。消費者の生命や身体に危害が及ぶ恐れが高い製品には、消費生活用製品安全法によって特別特定製品(乳幼児ベッド、ジェットバス、ライター、レーザーポインター類の4品目)として、国が定めた技術基準に適合したうえで、その旨が確認できるひし形の「PSCマーク」を付けなければ販売できないと規定され、レーザーポインターは出力が1㍉㍗以上の製品について販売が禁じられている。
 レーザーポインターを巡っては昨年10月、大阪国際(伊丹)空港で着陸直前の旅客機に向けてレーザー光が照射されたことが判明し、社会問題化。この事件の犯人は特定されていないが、ネット上で違法製品が多数出回っていることなどから、大阪府警がサイバーパトロールを行い、京都と合わせて出品者計10業者(個人を含む)を割り出した。大阪、京都をはじめ出品者の所在地がある栃木、群馬、静岡、和歌山、香川の計7府県警が7月11日以降、10業者の関係先を捜索し、合計で1998本を押収した。
 このうち御坊署は同14日、御坊市内の男の家を捜索。PSCマークのないレーザーポインター25本を押収するとともに、取り調べや捜査を進め、8月1日に書類送検した。男は違法性を認識したうえで海外から違法製品を仕入れ、すでに同様の製品を約250本販売していたとみられている。容疑を認めているという。
 レーザーポインターは赤や緑のレーザー光を出すペン型の事務用品。安全基準を大きく超える出力になると、照射によって失明したり、風船が割れるほどの強い光を放ち、危険視されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 色とデザイン選んでね

日高地方などのイベント情報

  1. みやまの里ふじまつり

    4月 13 - 5月 6
  2. エビネ、春の文化展

    4月 27 - 4月 28
  3. 道成寺会式

    4月 27 @ 2:00 PM
  4. 上阿田木神社春祭り

    4月 29 @ 1:00 PM
  5. 御坊市民文化会館ティータイムコンサート

    4月 29 @ 2:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  いよいよ4月1日、「平成」に代わる新しい元号が発表されます。本書は元号・皇室研究の第一人者、京産大…
  2.  現代社会を鋭くも軽妙な筆致で描き出す人気作家、伊坂幸太郎の特に人気の高い快作を紹介します。「チルド…
  3.  以前にTBSで、吉岡秀隆、杏ら出演でドラマ化された、ハートフルミステリーシリーズの第1作をご紹…
  4. 現在放映中のあの有名アニメの映画脚本を手がけた直木賞作家が、自ら書き下ろした物語(小説)を紹介します…
  5.  NHKでドラマ化された塩田武士のデビュー作、以前本欄でも紹介した「盤上のアルファ」の続編が文庫化さ…
ページ上部へ戻る