JA紀州の山ノ内さん 営農指導成果発表大会で最優秀

 JA和歌山県農の営農指導員成果発表大会が和歌山市のJAビルで開かれ、JA紀州みなべ営農販売センター副センター長の山ノ内利浩さん(42)が最優秀賞を獲得した。山ノ内さんは梅農家の所得低下に対し、梅と多品目の複合経営を提案。管内で推進した。12月に開催されるJA全中の近畿ブロック大会に進む。
 JAの営農指導員は個々農家の技術や経営指導、営農企画業務を主に担っている。県農は営農指導機能の強化と一層の資質向上を目的に、平成27年度から営農指導員の表彰制度を設け、発表大会を開催。県内8JAの代表者がそれぞれ地域の生産振興に向けた取り組みと成果を披露した。
 山ノ内さんのテーマは「梅農家の複合経営に向けた取り組みについて」。梅農家の所得低下が問題になるなか、補助事業を活用して梅の老木園や低収量樹を植え直し、生産基盤の安定化を図るとともに、植え直しによる未収益期間内の余った労力を活用した他品目の複合経営を提案、推進。海岸線では豆、ミニトマト、小玉スイカ、花、キャベツ、山間部では菜の花と梅の新品種「露茜」の栽培を推奨した。広報誌、地区別説明会、ファクス送信で広く生産者らに理解を求めた結果、植え直しを行う農家が増加。事業を通し、2年間で新しく17棟1・15㌶のハウスも設置された。最後に「これからも地域が元気になるように一生懸命頑張ります」と述べ、受賞に「限られたスタッフでの推進ですが、今後も農家所得の向上、安定に向けて取り組みたい」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. この紋所が目に入らぬか~

日高地方などのイベント情報

  1. ホタル観賞の夕べ

    5月 25 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  2. かわべ天文公園青空フリーマーケット

    5月 26 @ 10:00 AM - 3:00 PM
  3. 水陸両用車の体験乗船

    6月 9 @ 10:00 AM - 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「鴨川ホルモー」等、現実とファンタジー世界が融合する独特の作品世界が人気を呼んでいる、万城目学の近…
  2.  前作「64(ロクヨン)」から7年を経た最新作。今回の主人公は警察官ではなく、バブルに溺れ、その後を…
  3.  藤井聡太七段らの活躍により将棋界に関心が集まっている昨今。松山ケンイチ主演で映画化され話題を呼んだ…
  4.  マニアックなファンを数多く持ち、水木しげるの信奉者でもある人気作家の「怪作」をご紹介します。 …
  5.  2019年版「このミステリーがすごい」の国内編1位に輝いた本。前作から14年ぶりの新作で、私立探偵…
ページ上部へ戻る