めっちゃたのしいデ~ス!

 紀南地方にホームステイ中の外国人高校生4人が27日、みなべ町芝の書道家、赤木昭子さん(74)宅を訪れ、書を体験。好きな漢字1字を選び、筆を手にして大きな紙(縦90㌢、横70㌢)に一気に書いた。うちわや扇子にも日本に対する思いを書き、書を通して日本文化の心を学んでいた。
 訪れたのは神島高校や田辺高校に通う留学生で、ゴーン・ミラさん(16)=アメリカ=、バラス・ミナミさん(16)=スイス=、ワーシング・ザカリー君(15)=アメリカ=、ステインホフ・クリスチャン君(15)=ドイツ=。
 書道体験では、それぞれ「気」「夜」「守」など好きな漢字を選び、赤木さんから書き方についてアドバイスを受けた。墨汁をつけると、重さが4~5㌔になる大筆をしっかり持って一気に書き上げた。うちわや扇子にもそれぞれの思いを日本語で書き、「神島高校ありがとう」などの言葉のほか、お世話になった人たちの名前を寄せ書き風に書いたりした。
 父親がアメリカ人、母親が日系人のミラさんは「来日は3度目で、日本の文化に興味がある。ホームステイしているすさみ町の豊かな自然が大好き」と話し、今回の体験については「こんな大きな筆で書くのは初めて。とても楽しかった」と笑顔を見せた。赤木さんは「日本に興味を持って来てくれたことがうれしい。書もそれぞれの気持ちが入っていて、なかなかいい作品です」と出来栄えを評価していた。

関連記事

フォトニュース

  1. わんちゃん大好き

日高地方などのイベント情報

  1. 中紀吹奏楽フェスティバル

    7月 7 @ 12:30 PM

Twitter

書籍レビュー

  1. 7月には「君の名は。」の新海誠監督と組んで新作アニメ映画「天気の子」を公開する映画プロデューサー、川…
  2. 著者は高校時代から執筆を開始し、大学在学中に江戸川乱歩賞に応募したこともあったそうです。2009年、…
  3. 昭和は田宮二郎、平成は唐沢寿明、そして岡田准一主演の令和版が先ごろ放映された、医療ドラマ「白い巨塔」…
  4. 「万能鑑定士Q」等の人気シリーズの著者、松岡圭祐の近著をご紹介します。 内容 吉田琴美は早くに…
  5. 1869年5月、戊辰戦争最後の戦場となった箱館五稜郭の防衛線で、新選組副長土方歳三が戦死して今年で1…
ページ上部へ戻る